パワーストーンの品質と価値について。価格とヒーリングの効果は相関するのだろうか?

パワーストーンの品質は何で決まるのだろうか?

パワーストンの品質は、いったい何によって「良し悪し」が決まるのでしょうか?

色? 透明度? 希少性? ヒーリング効果?

たとえば、価格にみえるのは希少性や相場です。

単純に珍しいものは高いです。

またよく知られている石であっても、需要と供給のバランスが崩れ需要に供給が追い付かなければ価格は高くなるのが常でしょう。

つまり、人気が出ると高くなる、ということです。

また、天然石の鉱物的な構造や色彩の都合で熱処理を加えられることもありますが、熱処理が加えられたとしても、希少性の高い石であれば、処理のない天然の希少性の低い石と比べれば高い場合もあります。

あるいは、品質を表す表記としてよくみかける「AA」や「AAA」といった記。

ダイヤモンドには厳しい基準がありますが、パワーストーンと称される石の品質には、実は明確な基準が存在していないといわれています。

そのためその品質基準は、パワーストーンを扱うお店独自で決めているといってもいいほど曖昧なものです。

では、いったい何を基準にしてパワーストーンを選べばいいのでしょうか?

パワーストーンを選ぶ基準として大事なこと

パワーストーンを選ぶ基準として大事なものは、ズバリ、感覚です。

品質の良し悪しを考えるならば、まずもって、自分がその石を「いい」と感じるかどうかはとても大切です。

どれだけ高くても感覚が「いい」とならなければ、今のその人にとっては価値が低い、といってもいいからです。

もちろん、「いい」の感じ方は人それぞれです。

特に石は、五感の中でも「視覚」と「触覚」の反応によるところが大きいです。

視覚は、見た目の感覚。特に色彩ですね。

触覚は、直接触れて感じるものや、その周りを囲む空気や雰囲気から感じる取るもの

心地よさを感じる場合もあれば、安心感を得る場合もあるでしょう。あるいは、力づけられるような気持になったり、これが必要だ!といった衝動として現れることも。

一方で、重苦しい、とげとげしい、ソワソワする、なんてこともあります。

これは石の持つヒーリング効果が関わってくるからですが、自分の状態によって、石の持つ作用とポジティブに反応したり、あるいは、煩わしくなって手放したくなることもあります。

たとえば、希少性も高く金運を招くなどといわれるルチルクオーツは、物事を積極的に動かしたいときには最適な石です。

けれど、物事がある程度進んでペースダウンからゆっくりしたいときにルチルクオーツを身につけていると、気持がしんどくなるので身につけずに保管している、などと耳にすることはよくあります。

巷でもてはやされている石や、幸運や金運を招くと言われる石が、現状のあなたにとって「いい」とは限りませんから、なによりもまずは、自分の「今」の状態にあったものを選ぶのが一番いいといえるでしょう。

その時の基準になるのが、感覚、というわけです。

ぜひ、見て感じるもの、触れて感じるものを味わってみてください。

価格が高いとヒーリング効果は高いの?

単刀直入に言うと、価格が高いからといってヒーリング効果も高いというわけではありません。

前述しましたが、価格は、希少性と相場によって変化します。

たとえば、これら二つのゴールドルチルクオーツのブレスレット。

どちらも染色・熱処理していないゴールドルチルクォーツで、透明な水晶に入っている針が黄色ではなくて、金属質の「金色」です。

ただし、①のゴールドルチルクオーツの金糸は上下左右ランダムにと、そして太い細いも入れ混じって結晶しており、いわゆる「放射ルチル」と呼ばれるものです。

一方、②のゴールドルチルクオーツの金糸は水晶の中に見事な金色の針や帯(タイチン)が走っています。

希少性からいえば、金糸が帯(タイチン)になっている方が希少なため、価格も2倍ほど②の方が高いのが実情です。

ですが鉱物としては、どちらも水晶と酸化チタンの複合結晶。

たとえ価格に十数万の違いがあったとしても、どちらも水晶と酸化チタンの複合結晶ならば、その構造は同じはず。

そして、鉱物の構造が同じである以上、鉱物が持つ電気物理学的な要素も同じといえるわけです。

さて、人の知覚情報が身体の細胞間のシナプスによる電気信号からの反応だとするならば、人にも電気が流れ、同時に磁場を生んでいます。

だから、人は電磁波で覆われているわけですね。これを、人によっては「オーラ―」というかもしれません。

そして、人が電磁波で覆われているならば、地球の磁力や電気通信網の電磁波の影響を受けないわけはありません。

すると同様に、鉱物が持っている電気物理学的な作用を、人が受けないわけもないのです。

その影響を、ある分野では「ヒーリング効果」というのでしょう。

つまり
どんなに価格が異なっていても、鉱物の構造が同じならば、電気物理学的な要素が同じ。
そのため、人に作用するヒーリング効果も同じ。

となるわけです。

このことからも、石の価格格はヒーリング効果とほとんど関係がない、と言わざるを得ないでしょう。

鉱物のヒーリング効果を高めるための工夫

ところで、UDENOWAの作品には全て純銀のパーツが使われています。

それは、鉱物が持つヒーリング効果を純銀によって人が受け取りやすくするためです。

一般的にシルバージュエリーに使われている「シルバー925」は、銀が92.5%のものを指します。一方、純銀は、銀が99.98%以上の混ぜ物のない純粋なシルバーのことをいいます。

ちなみに、SV925や950などの銀合金の場合、混ぜられている銅やニッケルでのアレルギー反応が出たりすることがあります。

銀アレルギーは、銀が直接関わっているというよりも、この混ぜ物によって引き起こされます。

また銀合金は混ぜられている金属のイオン化傾向が高いため、混ぜ物によって銀イオンの発生がことごとく妨害されることにもなります。

さて純銀は、地球上に存在する物質中でもっとも熱と電気や電波が流れやすい性質を持っているといわれています。

では、なぜそのような純銀とパワーストーンを組み合わせるのか?

それは、純銀が人の感度をあげ、石の変化を受け取りやすくするためです。

前述したように、人は電磁波で覆われており、かつ、人は体温を持つように、生命維持活動に必要な熱も帯びているわけです。

そのような人が、熱と電気や電波が流れやすい性質の純銀を身につけるとどうなるか?

人の体が、まるで、熱や電気の流れ、電波を察知する高感度のアンテナを持った状態になります。

そして、パワーストーンが「パワー」と称させる所以は、人が発する電磁の波が、鉱物が持つ電気的特徴の反応によって生じた小さな変化を感じ取るから。

つまり、純銀よって人の感度が増すと、より、鉱物のエネルギーを受け取りやすくなるということです。

UDENOWAの作品が、石だけの組み合わせではなく、純銀を組み合わせているのは、人の感度を良くして必要なエネルギーを引き寄せ、迷惑で不要なエネルギーを遠ざける工夫でもあり、鉱物のヒーリング効果を高めるための工夫であるわけです。

まとめ

最後に、ここでの大事なポイントを簡単にまとめておきます。

  1. パワーストーンを選ぶ基準は、品質表記よりも「感覚」の方が重要
  2. 石の価格はヒーリング効果の決め手にはならない
  3. ヒーリング効果を高めるなら石と純銀を組み合わせるといい

いかがでしょうか。

その人の状態によって選ぶ石は変わりますし、価格がヒーリング効果の決め手にはならない以上、「高いから良い」といった考えに拘る必要はありません。

あくまでも自分がどう感じるかが大切ですし、石を選ぶときは、現実的に買える範囲のもので自分の状態にあったヒーリング効果のあるものや、感覚がいいものを選ぶことがおすすめです。

 


なおUDENOWAでは、ご依頼者の想いに応える最適な石を選んで作品に仕上げています。

あなたの想い、お聞かせくださいね。

あなただけのオリジナルなオーダーメイドのアクセサリーを身につけてみませんか?

あなたを応援するストーンブレスレット

UDENOWAでは、自分の力で道を切り開いていこうとするあなたを応援する、そんな石たちのブレスレットを、オーダーメイドで承っています。

こちら↓から過去に制作した作品をご覧いただけます。

▶あなたを応援するストーンブレスレット

ここいちばん
ふんばりたいとき
あなたを応援してくれる

石には、そんな寄り添いのパワーがあります。

けれども、決して間違えたくないのは、その石を身につけたからといって、奇跡的な何かが起こるわけでも、ミラクルが降ってくるわけでもありません。

どんな困難にもめげず動いていくあなたに、地球が織りなす大自然の力から作られた石が共鳴し、石のエネルギーがあなたに巡るだけのこと。

あなたに共鳴して
寄り添いのエネルギーになることもあれば
応援のエネルギ―になることもあり
叱咤激励の励ましのエネルギーになることもあるでしょう。
あるいは、正気を取り戻すエネルギーになることも。

石の記憶が、あなたをつよくする

石は、あなたの力を応援するお守りです。

今の状況を変えたいとき、あなたに寄り添い心を支えてくれる石たちを、身につけてみませんか?

下記ボタンをクリックして、専用フォームからあなたの想いをオーダーください。

金属アレルギーの人にもやさしいピアス

お客様のご希望のヒーリングストーンと純銀のフレームを使用した一粒ピアスの制作を承っております。

金属アレルギーの人にもやさしいヒーリングストーンを使ったあなただけのオリジナルオーダーピアスです。

「金属アレルギーが心配でピアスがつけられない……」というご相談が増えていくなかで、これがダメなら諦めよう、とされたお客様からも「アレルギーや肌荒れが起きなかった!」といったご感想も多く、身につけられているお客様から

「敏感肌の私でも安心して身につけられます!」

「ピアスをつけると肩がこることも多かったのですが、今は毎日身につけても全くその心配なく身につけています!ピアスをつけることがちょっとした憧れだったので、安心して身につけられるのは嬉しいです!」

といったお声も頂戴しております。

でも、なぜ金属アレルギーの方にもやさしいピアスがお届けできるのか?

それについてはこちら↓で詳しくお話しています。

▶金属アレルギーの人にもやさしいピアス。ヒーリングストーンを使った、あなただけのオリジナルオーダーピアスを制作します

金属アレルギーの人にもやさしいピアス。ヒーリングストーンを使った、あなただけのオリジナルオーダーピアスを制作します
お客様のご希望のヒーリングストーンと純銀のフレームを使用したオーダーメイドの一粒ピアスの制作を承っております。職人が、ひとつひとつのパーツを手作業で全て制作してた、一つとして同じものはない、まさに、あなたのためだけのピアス...

無添加純銀のピアスから、もう一度あなたの耳元を華やかに彩ってみませんか?

お届けした作品がお気に召さない場合は、ご返品もお受けしています

お届けした作品がお気に召さない場合は、送料お客様負担で返品いただけます。
商品到着から7日以内にご返送ください。商品のお代金のみ返金いたします。

※その他「オーダーからお届けまでの流れ」に、オーダーに関する詳しいご案内がございますので、ご確認ください。

コメント

  1. […] ▶参考記事:パワーストーンの品質について。価格とヒーリングの効果は相関するのだろうか? […]

タイトルとURLをコピーしました